ジョギング、筋トレ、食事制限でダイエット!4か月で10キロ瘦せた結果・・・

ダイエット ビフォーアフター

スポンサードリンク




[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]
[`google_buzz` not found]

ジョギング・筋トレはダイエットに効果的なのか気になる人などの疑問に答えます。

こんにちは、shintaです。

ダイエットの定番といえば食事と運動を変えることですよね。

この記事を読んでいるあなたも今まで1回もしくは複数回、食事と運動によるダイエットを試みたことがあるのではないでしょうか。それか、1回もそういった経験はないが興味はあるのではないでしょうか。

私は2016年9月からジョギングと筋トレ、食事制限を同時に行い、ダイエットをしていました。

それらを4か月行い、体重を10キロ(78kg→68kg)落とすことができました

今回は、そのことについての私の体験とそこから学んだことについてお話します。

目次

なぜ4か月で10キロ痩せることができたのか?

まず、筋トレをし、基礎代謝を上げたことにより、何もしなくても消費するカロリーが多くなったからです。週2回ぐらいの頻度で全身を自重トレーニングで鍛えていました。

それだけでなく、ジョギングをすることでもカロリーを消費したからです。ジョギングは最初の3週間ぐらいはほぼ毎日、その後は頻度は徐々に減ってきましたが、週3は必ず走っていました。1回30分ぐらいで、少しだけ息が上がるぐらいのペースで走りました。

また、食事の量を減らしました

とにかく早く痩せたいと思うと、自然と食事の量を減らしたくなるものです。

最初の2,3日は1日1食で、その後は1日2,3食にしましたが、少なめの(1人ぐらい弱ぐらい?)ご飯・おかずを食べていました。ご飯・おかずの種類は特に変えませんでした。間食はしていませんでした。

その時は学生で1人暮らしで暇だったので、ジョギングと筋トレ、食事制限を同時にするだけの体力と時間の余裕がありました。

その後はジョギング・筋トレは続いているのか?

日にちが経つにつれ、ジョギング・筋トレを徐々に面倒だと感じるようになりました

また、食事も好きなものをもっと食べたいと感じるようになってきました。

なので、4か月を過ぎてからは徐々にやらなくなり、さらに2か月経った頃(2017年3月)には全くしなくなりました。

体型は維持できているのか?

ジョギング・筋トレをしなくなったことにより、筋肉が落ちて基礎代謝が下がっただけでなく、ジョギングによる消費カロリーもなくなり、食事の量を減らしていた反動からか、食べる量が無意識のうちに増えていき、間食もするようになりました。

なのでジョギング・筋トレ・食事制限をやめてからはあっという間に太っていき、それから半年(2017年9月)で6キロぐらい増え、そこから1年後(2018年9月)には完全に元に戻ってしまいました。

リバウンドといわれるやつですね。

目先のダイエットは見事に成功しましたが、長い目で見ると何も変わらないという結果になってしまいました。

短期的なダイエットを成功させるのではなく、ずっと引き締まった体型を維持し続けるべき

ジョギングや筋トレは継続することさえできれば、必ず引き締まった体型を維持することができるはずです。

しかし、ジョギング・筋トレが心から好きな人でない限り、簡単に続けることはできないと思います。

私はジョギング・筋トレは瘦せるからするというだけで、ジョギング・筋トレそのものが好きというわけではありません。

この記事を読んでいるあなたも私と同じように考えているかもしれません。

今回の経験から、これからは重い腰を上げずに気軽に継続的に取り組めるようにしなければなりません。

そこで私は考えました。

ジョギングと筋トレを同時にするのは効果は絶大ですが、負担が大きすぎるので続かない

タイトルの通りなので、どちらか一つに絞るべきだと考え、リバウンドしてから半年後(今年の3月)にジョギングだけに絞って再びダイエットを試みました。

ジョギングの方が筋トレよりもなんとなく脂肪を燃焼しているような感じがすると思ったからです(笑)

また、食事の量を減らすのは、目先の体重の減少は大いに期待できますが、長い目で見ると後に減らした分食欲が爆発するので意味がないと考え、これからは減らさないことにしました。

ジョギングだけダイエット

そして実際に週に3,4回はジョギングをしました。4月までの1か月は。

4月からは立ち仕事をするようになったので、仕事終わりにジョギングをすることになったのですが、足に非常に大きな負担を感じるようになりました。

それでもジョギングを続けましたが徐々に足を痛めて走れない日が多くなり、5月には完全にやめてしまいました。

ジョギングは、帰宅部や文科系の学生、座って仕事している人などはできますが、一日立ち仕事をしている人には大変すぎると思いますし、無理して続けていると足を痛めることにもつながるのでやらない方がいいと思います。

そんな経験もあり、残るは筋トレのみを続けるという方法です。

筋トレだけダイエット

よくよく考えると筋トレは基礎代謝を上げるので長期的に考えると太りにくい体になる上、筋肉をつけるので体型が引き締まるので、理屈では美ボディを維持し続けるのに最適の方法です。

ただ筋トレをするだけとはいっても以前とはやり方を少し変えます。

なぜなら、この前は週2で一度に全身を鍛えるという方法でしたが、一度に全身を鍛えると考えると非常に面倒くさい気持ちになっていました。

また、週2回という頻度は筋肉の超回復を狙ってのことでしたが(超回復とは筋肉は鍛えると損傷するが、休息をとることで以前より筋肉の量が少し増えるという理論)、この頻度はサボりがちになりやすく、習慣化しにくい頻度だと感じていたからです。

そうではなく、毎日1日1部位ずつ行うようにすれば気軽に続けられるのではないかと。

月曜日は腹筋、火曜日は背筋、水曜日は胸筋、木曜日は腕筋、金曜日は首の筋肉、土曜日は足筋・・・のような形です。

そうすれば、労力が分散されるので毎日が楽ですし、部位ごとに見ると週1回しか鍛えないので超回復も期待できますし、毎日やるからこそ自然と習慣化してくることが期待できます。

超回復は1~3日とのことなので、週2回になるように一日2部位にしてもよいのだと思いますが、面倒くさくて継続できなければ台無しになるのでそれはやめておきます(笑)

実は、この記事を書いた今日(9月12日)からその方法でダイエットを試みています!

おわりに

今回の記事を参考にしてみてください。

この記事をきっかけに、これから先ずっと引き締まった体を維持できる人が1人でも出てきたら、私にとってこれほど嬉しいことはありません。

他にも、お悩みに関する記事を書いているのでご覧ください。

http://nssannde.com/archives/category/onayami-shinta

スポンサードリンク




ABOUTこの記事をかいた人

お悩み解決、商品レビューなど、ただ情報をかき集めるだけでなく、実際に自分で体験したことを元に正直に記事を書いています。 苦い経験については、自分と同じ思いをあなたにしてほしくない。 嬉しい経験については、自分と同じ思いをしてほしい。 そんな思いで記事を書いています。 私の記事が少しでもあなたの悩みを解決するきっかけになったり、参考になったり、便利だと思っていただければ、これほど嬉しいことはありません。