家でモチモチの焼きそばを作るには韓国のチョル麺を使えばよい件

韓国風 焼きそば チョル麺

スポンサードリンク




[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]
[`google_buzz` not found]

焼きそばの麺に最適なモチモチ麺が何か知りたい人、チョル麺は焼きそばの麺に合うのか気になる人、モチモチ麺の焼きそばが好きな人、コチュジャンを使用した美味しい韓国風の焼きそばの材料・作り方・レシピ・味の感想が知りたい人の疑問に答えます。

こんにちは、shintaです。

モチモチの焼きそば、美味しいですよね。

しかし、普通の麺を使用してもモチモチの焼きそばにはならないですよね。

そこで、私は以前食べたチョル麺という韓国料理の麺がかなり弾力のあるモチモチ・しこしこ麺だったことを思い出し、これで焼きそばを作ったらモチモチになるのではないかと考えました。

また、チョル麺を使用するのであれば普通の焼きそばソースを使用するのではなく、せっかくなので韓国風の味付けにしてみようと考えました。

今回は、チョル麺を使用した韓国風のモチモチ焼きそばについてお話します。

目次

チョル麺を使用したモチモチ焼きそばの材料

  • チョル麺(私は宋家のチョル麺の麺を使用しました)160g
  • 豚スライス 60g
  • キャベツ 適量
  • にんじん 適量
  • 青ネギ 適量

 

  • コチュジャン 大さじ1.5
  • 濃口醬油 大さじ2分の1
  • 砂糖 小さじ2分の1
  • 料理酒 小さじ1
  • すりごま 小さじ2
  • おろしにんにく 1片

 

  • ごま油 大さじ1
  • 塩コショウ 少々

チョル麺を使用したモチモチ焼きそばの作り方

1. キャベツは4㎝角ぐらいにざく切りし、青ネギは4㎝ぐらいに切り、にんじんは細切りします。

2. □の調味料を混ぜておきます。

3. 1,5ℓぐらいのお湯でチョル麺を3分茹でます。

4. チョル麺をゆでている間に、熱したフライパンごま油を引き、中火で豚スライスを炒め、豚に火が通ったら野菜を入れて強火でしんなりとするまで炒めます。

韓国風 焼きそば チョル麺

韓国風 焼きそば チョル麺

5. 茹でたチョル麺と□の材料をフライパンに入れ、中火で1分ぐらい炒めます。

韓国風 焼きそば チョル麺

韓国風 焼きそば チョル麺

6. 皿に盛り付けて完成!

韓国風 焼きそば チョル麺

韓国風 焼きそば チョル麺

チョル麺を使用したモチモチ焼きそばの味の感想

麺がモチモチで、ソースは日本の焼きそばとは全然違い、韓国風で非常に美味しいです!

具も韓国風の味付けに相性抜群でした。

韓国風 焼きそば チョル麺

韓国風 焼きそば チョル麺

韓国風 焼きそば チョル麺

韓国風 焼きそば チョル麺

コチュジャンを使用しているのでそれなりに辛いのではないかと考えていたのですが、食べてみると日本人でも気軽に食べることができるほどのピリ辛でした。

この麺はチョル麺として食べたときは弾力がありすぎてモチモチを通り越して少し硬いぐらいだったのですが、今回は茹でる+炒めたのでちょうどいいモチモチ食感になりました。

最後まで美味しく頂きました!

チョル麺はどこで売っているのか?

チョル麺は普通のスーパー・カルディコーヒーファーム・ジュピター・ドン・キホーテなどには全く置いていませんでした。

鶴橋や新大久保のコリアンタウンには置いている可能性がありますが、実際に確認はしていないのでわかりません。

私は通販で購入しました。送料はかかりますが、旅費よりは安いですし、確実に手に入るので便利だと思います。

ちなみに、今回私は「宋家のチョル麺」の麺を使用しました。これは付属のチョル麺のタレをかけて食べても美味しいですよ。

宋家のチョル麺については以前記事にしました。ご覧ください。

しこしこ麺好き必見!チョル麺という韓国料理が旨すぎた件

おわりに

今回私が紹介したレシピで是非作ってみてください!

韓国風の味付けではなく、日本の焼きそば味で作りたい方は普通の焼きそばソースを使用して作ってみてください。

他にも食べ物に関する記事を書いているのでご覧ください。

http://nssannde.com/archives/category/food-shinta/cooking-shinta

スポンサードリンク




ABOUTこの記事をかいた人

お悩み解決、商品レビューなど、ただ情報をかき集めるだけでなく、実際に自分で体験したことを元に正直に記事を書いています。 苦い経験については、自分と同じ思いをあなたにしてほしくない。 嬉しい経験については、自分と同じ思いをしてほしい。 そんな思いで記事を書いています。 私の記事が少しでもあなたの悩みを解決するきっかけになったり、参考になったり、便利だと思っていただければ、これほど嬉しいことはありません。