ココイチ10辛を食べるのに資格はいらないし18禁カレーより全然辛くなかった件

スポンサードリンク




[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]
[`google_buzz` not found]

こんにちは。shintaです。

今回は、ココイチ10辛について、私の体験談をもとに述べさせていただきます。

ココイチのカレーは美味しいですよね。

ご飯も普通盛りで300gも入っていてお腹いっぱいになります。

普通に食べると美味しいココイチのカレーですが、その「辛さ」にも関心が多く寄せられているようです。

ココイチ10辛とは?

ココイチ10辛は1辛の24倍の辛さです。

スパイスの量が24倍になるということでしょう。

ネット上では余裕で食べれるとか辛すぎて食べれないとか辛かったけどなんとか完食できたとか色々な意見があります。

私もココイチ10辛を食べたことがあるのでそれについてお話しします。

これからココイチ10辛を食べようとしている方は参考にしていただければ良いと思います。

巷で言われている「資格」について

coco10kara_03

(http://buzz-plus.com/article/2017/10/08/cocoichi-10kara/から引用)

6辛以上を食べるには「今までに5辛を完食した方に限らせていただきます」とメニューに書かれています。

これが「資格」なのでしょう。

しかし、6辛以上を注文した時、私は5辛を完食したことがあるかどうか確認されたことは一度もありませんでした(お持ち帰りだったからかもしれませんが。)

よって、私は6辛以上を注文する際に、「資格」は必要ないと思います。

実際に10辛を食べてみた!

ポークカレーの10辛をテイクアウトして家で食べました。もちろん牛乳も一緒に。

ココイチのメニューには「アイスミルク」や「マンゴーラッシープリン」があるので店舗で食べても辛さを和らげることはできますね。

見た目は赤い上澄み液と、赤い点々が所々見え、香りはツーンと鼻にくる感じがありました。

ルーをかき混ぜると、辛さ普通のカレーよりも明らかにドロッとしていました。

それだけ沢山の辛味スパイスを入れたのでしょう。

食べてみると、最初の何口かは美味しいです。辛いけどやはりカレーの旨みが感じられます。

しかし、食べ続けていくと、辛さが蓄積されてきて舌が痛くなってきました。

さらに、喉も痛くなってきて、喉の痛みが強くなると頭?の方まで少し痛くなるほどでした。

しかし、やはり味は美味しいです。旨みとのバランスはとれていると私は感じました。

こまめに休憩しながら25分かけて完食しました!(牛乳は食前と食後にコップ一杯ずつ飲みました)

牛乳を飲んだおかげか、腹痛は全く起きませんでした。

お尻はヒリヒリしませんでした。小さい方をした時にスースしただけでした。

辛さの比較

10辛は当然ですがかなり辛かったです。さらに、普通盛りでも量が多いという点でも完食するのは簡単ではありません。

しかし、前回記事にしたサドンデスソースと比較すると、痛さはマシですし、消化器官への負担も少なそうです。

激辛!痛い!サドンデスソースを4日で半分以上摂取した私の末路・・・

サドンデスソースは、痛いと言うほどの辛味が非常に強い唐辛子を少量入れている感じがするのに対して、ココイチ10辛は、普通の唐辛子を沢山入れている感じです。

サドンデスソース=突き刺すような痛みで、ココイチ10辛=ヒリヒリが強い、という感じがしました。

辛さの持続力も、サドンデスソースの方が長いです。

よって、サドンデスソースを食べたことがある人は、ココイチ10辛を食べても余裕を感じると思います。辛さの種類が違いますね。

インスタントの激辛食品でココイチ10辛に相当すると感じたのは、韓国の激辛食品である、ブルダック炒め麺の辛さ2倍です。

2倍辛いヘッブルダックポックンミョンを完食!ココイチ10辛より辛い件

また、同じカレーで比較すると、18禁カレーのピンクも食べたことがあるのですが、ココイチ10辛よりもずっと辛い(というか痛い!)です。

[検証結果] ココイチ10辛は、サドンデスソースを経験している人なら完食できる、はず。

興味がある人は是非挑戦してみてください。

最後まで読んでいただき本当にありがとうございました!

スポンサードリンク




ABOUTこの記事をかいた人

お悩み解決、商品レビューなど、ただ情報をかき集めるだけでなく、実際に自分で体験したことを元に正直に記事を書いています。 苦い経験については、自分と同じ思いをあなたにしてほしくない。 嬉しい経験については、自分と同じ思いをしてほしい。 そんな思いで記事を書いています。 私の記事が少しでもあなたの悩みを解決するきっかけになったり、参考になったり、便利だと思っていただければ、これほど嬉しいことはありません。